石川県芸術文化協会

芸文協紹介
加盟団体
公演情報
会報
後援会員
トップへ戻る
北國新聞
TOP > 石川県芸術文化協会とは

石川県芸術文化協会とは

 
 一般財団法人石川県芸術文化協会は、県内の芸術・芸能・文芸及び生活文化の普及振興事業を行うことにより、伝統文化の継承と新たな文化の創造を図り、地域の文化振興に寄与することを目的として、1996(平成8)年9月20日に15団体で設立し、1997(平成9)年6月10日に財団法人に、2014(平成26)年4月1日に一般財団法人となりました。加盟団体は、2017(平成29)年3月現在で47団体に増加しています。

 1997(平成9)年には、文化庁芸術祭石川公演を、「伝統の大地に創造の風」をテーマに開催しました。
 1998(平成10)年には、次代の担い手たちに研鑽の場を提供することを目的に「秋の芸術文化祭」を開催し、2002(平成14)年には「いしかわ芸術文化祭」と名称を変え、以後隔年で開催しています。

 1999(平成11)年10月には、「第1回ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭」 を実施、14団体が参加し、石川の芸術文化を県内外に発信して好評を得ました。第2回の 「2001ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭」 から芸文協に事務局を設置し、以降、県内最大規模の総合芸術祭として隔年で開催しており、2015(平成27)年で9回を数え、回を重ねるごとに参加団体や公演数が拡大しています。

 また、2004(平成16)年11月、芸文協が初めて行った海外派遣交流事業として、「2004年ウィーン日本祭いしかわ」 を開催し、加盟 7団体135人がオーストリア・ウィーンとチェコ・プラハを県芸文協単独で訪問、石川の伝統芸能を披露し、文化交流を行いました。以降、オーストラリア、ドイツ、アメリカ、イタリアで「日本祭いしかわ」を開催し、石川の芸術文化を海外に発信しました。

 このほか、1999(平成11)年には「芸文協コンサート」が、2007(平成19)年には「子ども伝統芸能劇場」(2012(平成24)年から「石川こども芸術祭」に改称)が、2010(平成22)年には「0歳からの音楽会」がスタートし、継続実施しています。

 2016(平成28)年には、1996(平成8)年の設立から20周年にあたり、20周年記念事業として、石川の伝統芸能を代表する名手が競演し、石川が誇る文化を未来に継承する舞台公演「いしかわ芸能新時代 花舞台〜至芸競演の秋〜」を開催したほか、20周年記念誌を出版しました。

 芸文協は、こうした事業の展開を通じて、伝統に培われた石川の芸術文化に磨きをかけ、新しい文化の創造と発展に積極的に挑戦しています。
 

一般財団法人 石川県芸術文化協会

石川県金沢市南町2番1号
TEL:076-263-6080

Copyright (C) Ishikawa Prefectural Artistic And Cultural Association. All Rights Reserved.